求めすぎかも? 婚活で相手に求めるべき条件と婚活失敗の原因

結婚相手の理想像は誰もが持っています。過去には、高身長・高収入・高学歴の「3高」が定番でしたが、今では低姿勢・低依存・低リスク・低燃費の「4低」が理想とされています。確かに、あまり相手に求めることが多すぎたり、非現実的すぎたりすると、どんなに婚活を頑張っても理想の相手には出会えませんよね。

この記事では、あなたが相手に求めるべき条件と、婚活失敗のよくある原因を取り上げます。もしかしたら、あなたのその条件は「求めすぎ」なのかも……!?
自分の婚活を振り返るためにも、ぜひ、参考にしてみてください。

【男女別】婚活で相手に求める条件・求められる条件とは?


婚活となると、相手の条件面が気になりだします。なぜなら、婚活パーティーや結婚相談所などで、条件を尋ねられることが多いからです。でも、自分の条件にぴったりの異性と、必ず出会えるわけではありません。むしろ、こだわりすぎることで出会いを狭めてしまっている可能性すらあるのです。

まずは、女性が婚活相手に求める条件と、男性から求められる条件をピックアップします。世間ではどのような条件が重視されているのかの、ヒントにもしてみてください。

女性が男性に求める条件とは?

女性が男性に求めるものは、たくさんあります。「できればイケメンがいい」「タワーマンションが買える年収があると理想的だ」など、考えだすときりがありません。まずは、女性がよく挙げる、男性に求める条件を見ていきましょう。
 

年収

女性が男性に求める条件のなかで、多くの人が年収を重視しています。「年収は1000万円ぐらいあったらいいな」と、夢を見ている女性は少なくありません。

しかし、現実には、日本男性の全世代を合わせた平均年収は511万円程度。このうち20代後半の平均年収は370万円程度、30代後半は500万円程度です。

あまりの高年収を相手に期待すると、いくら婚活を頑張っても条件を満たす男性は現れません。年収の条件を設定するときには、その世代の平均年収等、考慮して条件を選んでいきたいですね。

また、年収にこだわらない、無職でもいいというのも考えものです。仕事に対して向上心があり、最低限の経済力があったほうが、将来的に安心して暮らせます。
 

学歴

高学歴を求める女性は少なくありません。確かに、高学歴の方が生涯年収は高くなる傾向にありますので、魅力的に感じられるでしょう。

しかし、自分の学歴とあまりにも釣り合わない人と結婚してしまうことは、考え直したほうがいいかもしれません。

なぜなら、自分とは全く釣り合わない高学歴の人と結婚した場合、話や価値観が合わないことがあるからです。話題がかみ合わない場合、夫婦の会話が減り、それが夫婦間の溝を生むことにもなりかねません。
 

容姿

容姿に期待することは間違っていません。しかし、見た目は時がたてば変わるもの……。

そう考えると、優先順位は低くても問題ないのではないでしょうか。好みはあるかもしれませんが、見た目はあくまでも見た目です。容姿だけに気を取られすぎると、内面のことに目が向きません。「付き合ってみたらとんでもない性格だった!」と、後悔しないように、見た目にこだわりすぎるのは注意したほうがいいでしょう。
 

年齢

婚活では、希望する年齢を問われることが多いです。その年齢の許容範囲は人によって異なります。「年上でなければイヤ」という女性もいれば、「年下でもOK」という女性までさまざまです。

ただ、自分より10歳も20歳も年上だと、彼の方が早く老後を迎えるため、将来的には介護を含めたお世話が必要になるかもしれません。また、彼の方が自分よりもずっと若いと、自分の方が早く年を取ります。彼の浮気などが心配になる人も増えることでしょう。
 

性格

性格は、人生のなかで変化するものです。客観的にどんな性格が良いとか悪いということではなく、自分自身の性格との相性を大切にしてください。

具体的には、一緒にいて自分が安心できるかや、リラックスできる相手かどうか、自分自身が飾らずに自然体の自分でいられるかどうか等が重要なチェックポイントです。
 

コミュニケーション能力

一見、おしゃべり上手な人の方が、コミュニケーション能力が高いと思われがちです。一方で、口下手な男性のほうが、コミュニケーション能力の低い男性だと思われがちです。

しかし、おしゃべり上手だからコミュニケーション能力が高い、うまく話せないからコミュニケーション能力が低いというわけではありません。

結婚生活において必要なコミュニケーション能力は、

  • 自分の意見をきちんと言うことができる
  • 相手の意見をきちんと聞くことができる
  • お互いの意見を合わせて、話し合いで問題解決へと導くことができる

この3点に尽きるでしょう。
なぜなら、結婚生活では、二人で協力しながら答えを出すシーンがたくさんあるからです。

独断で何でも決めてしまう人も、何も意見を言わずに任せきりにする人も、どちらも困ります。流ちょうに話す能力は必要ありません。意見を出し合って問題解決できる、そんなコミュニケーション能力のある男性を選びましょう。
 

お酒、タバコ

お酒やタバコを嗜む男性が良いとか悪いと、客観的に判断するものではありません。

お酒やたばこは嗜好品です。自分がタバコを吸う人なら相手が吸うことに抵抗がないでしょうし、逆に自分がタバコを吸わない人なら、相手にも吸ってほしくないと思うかもしれません。お酒も同じでしょう。

ただし、こうした嗜好品にも費用が掛かることは念頭に入れておいた方がいいです。1日に2箱喫煙する、毎日飲み歩くという相手では、経済的な面で負担を感じることになるかもしれません。

男性が女性に求める条件とは?

女性が男性に対して求める条件があるように、男性にも、女性に求める条件があります。さて、世の中の男性は、どのような女性を求める傾向にあるのでしょうか。
 

年収

婚活中の男性の50%以上は「女性の年収にこだわらない」と答えています。

しかし、無職の女性よりは仕事をしている女性がいいと考える男性は多いようです。自分の給料で家族を養う覚悟をしている人でも、本音では「家計を助けてもらいたい」という思いがあるからかもしれません。

実際、「結婚後、結婚相手が働くことを応援するか」という質問には、約9割の男性がYesと答えています。「相手の生き方を尊重したいから」という意見もありますが、「共働きをしないと生活が苦しいので」という意見もあり、男性の心の内が見えてくるようです。
 

学歴

女性に高学歴を求める男性は、あまり多くはありません。しかし、「知的なイメージがある」などの理由で、高学歴を求める男性も一定数います。

女性の場合は、男性よりも高学歴だと敬遠されるリスクもあるので注意しましょう。

容姿

「男性は女性を容姿で選ぶ」といったイメージを持つ人もいるでしょう。しかし、実際は強いこだわりを持つ人ばかりではありません。それよりも、幸せな家庭を築いていくことができるかを重視している男性が多いようです。

確かに、家事が得意、いつも家の中を笑顔で明るくしてくれる女性のほうが、結婚したいと思うかもしれません。容姿だけが男性を突き動かすわけではないようです。
 

年齢

18〜50歳の男女に対して行った調査の結果、男性は年下女性を好む傾向があることが分かっています。「男性は若い女性が好き」というイメージがあるかもしれませんが、その通りの結果です。

また、どの世代の男性も20代女性を婚活対象にしており、年齢が上がるほど、年下女性を求める傾向があります。

ただ、年下女性を好む理由ははっきりしているわけではありません。

人によっては、「会話が合わない」などの理由から、若い女性を避けるケースもあります。しかし、「若ければ若いほどいい」という人が多い傾向にありますので、年齢を重ねれば重ねるほど、婚活は難しくなると認識しておいたほうがいいでしょう。
 

性格

男性も女性も、相手の性格はとっても重要なポイントです。結婚生活は長いので、お互いの相性や考え方、価値観などは、共同生活をするうえで大切なポイントになるでしょう。

もし、性格の面で気を付けること、改善できることがあるとすれば、ネガティブ思考をやめて、人とはポジティブに明るく接することです。明るい笑顔を心掛けるだけでも、男性への印象はガラリと変えることができます。
 

コミュニケーション能力

コミュニケーション能力は、男性も女性も「自分との会話に問題がなければOK」と考える人が多いのではないでしょうか。人によっては、おしゃべりが好きな人もいれば物静かな人もいます。自分自身の性格との相性が大切になるでしょう。

もし、コミュニケーション能力の対策があるとすれば、男性の話を聞くことです。ついつい自分の話をしたくなりますが、最初はぐっと抑えて、相手の話を聞くことに徹底するといいでしょう。男性は、自分の話を聞いてくれる相手に好意を抱きます。
 

お酒、タバコ

「酒豪の女性と結婚できるか」という調査では、なんと59%の男性が「できる」と回答しました。なんとなく敬遠されがちなイメージがありますが、実際は、お酒が飲める女性でも問題ないと考える男性が多いのです。

ただし、「酔っ払って人に迷惑をかける女性」となると、話は別。お酒は飲めても飲めなくても、「楽しい時間を過ごせる女性がいい」というのが、男性の前提条件です。

タバコに関しては、喫煙しないほうがイメージはいいかもしれません。しかし、一時的な禁煙なら、しないほうがいいでしょう。再び喫煙習慣に戻ってしまえば、「うそをついた」と思われる可能性すらあるからです。

喫煙する男性の中には、「一緒にタバコが吸える人の方が、気を使わなくていい」と、考える人もいます。素直に自分の喫煙を打ち明けて、それでも受け入れてくれる男性と結ばれたほうが、幸せではないでしょうか。

婚活で一番重要視すべき条件とは?


たくさんの条件を挙げてきましたが、ここからは特に重視したほうがいい条件について触れていきます。ここからご紹介するのは、結婚というゴールに向かうために、また、結婚生活を幸せに続けていくために必要な、要チェックポイントです。

お互いの価値観や相性は最重要項目

価値観が正反対の人と一緒にいると、最初は新鮮で楽しいかもしれません。しかし、結婚生活のなかでは、価値観が大きく違うと弊害も出てきます。

例えば、大きな決断をする際には意見がなかなか合わず、どちらかがいつも妥協しなければいけないという事態にもなりかねないのです。

お互いの考え方が100%同じである必要はありませんが、ザックリとした方向性は類似していたほうが、結婚後も円満に暮らしていけるでしょう。

親との同居や介護についての考え

「遠い将来のこと」と考えているかもしれませんが、「親の介護」と向き合う日は、意外と早く訪れるかもしれません。「将来は親と同居したい」また、「介護が必要になったら施設を利用したい」など、結婚前に自分の意見を伝えておきましょう。

今、詳細を決定する必要はありませんが、両親の老後についてどんな考えがあるのかは、イメージだけでも話しておいたほうが安心です。相手は全く違うことを考えていることもありますので、確認しておきましょう。

将来、子どもを希望しているかどうか

「子どもはいらない、それよりもキャリアを積みたい」という思いはもちろん、「結婚したらすぐに子どもが欲しい」と思いも、素直に話しておくことが大切です。

また、結婚後、専業主婦になって子育てしたいと考えている場合も、人生設計に大きく影響するため、早めに伝えておきましょう。

子どもについてお互いの考えに違いがあると、夫婦間の亀裂になる可能性があります。「当然、子どもはほしいと考えているだろう」などと勝手に判断せず、相手の意見を聞くことが大切です。

婚活に失敗する・ミスマッチを起こす原因とは?


婚活に失敗したいと思う人はいません。それでも失敗してしまうのは、なにか原因があるはずです。

ここからは、婚活に失敗しないために、婚活で失敗する・ミスマッチが起こる原因について探っていきます。ぜひ、参考にして学んでいきましょう。

高望みの条件を出している

婚活がうまくいかないのは、あなたの“高望み”が原因かもしれません。

高身長・高学歴・高収入を表す“3高”は、高望みの代表的な考え方です。「顔はイケメンで」「身長は180cm以上」「大手勤務」など、条件を盛り込んではいませんか?

失敗しないためには、相手に求める条件はなるべく少なく、できれば1つだけに絞ることをおすすめします。「譲れないポイントは1つだけ、他の部分では妥協する」と決めれば、ストライクゾーンに入る男性の数もグンと増えるはずです。

選り好みしすぎて一人に選べない

複数の異性からアプローチを受けることは、多くの男性の中から自分に合った相手を選べるのでとてもいいことです。何回かお茶をしたり、お食事をしたりして、相手との相性をチェックするといいでしょう。

ただし、デートを繰り返すなかでは、きちんと一人に絞っていかなければいけません。「あの人とはうまくいかないかもしれないから、この人はキープしておこう」と、保身に走ることは、絶対にやめましょう。“二兎追う者は一兎も得ず”と、心得てください。

惰性でお付き合いを続けることは、相手にも失礼です。「別れるのは惜しい……」と、思うかもしれませんが、それも人の縁。そういうタイミングなんだと自分に言い聞かせ、一人に絞っていきましょう。

自分を棚に上げ相手に求めてばかりいる

相手にばかりいい条件を求めていませんか? 無職なのに「年収2,000万円の相手と結婚したい」というのは、なかなか難しいでしょう。

「旦那さんに家事も仕事も、子育てもやってほしい」という女性に、男性が惹かれるでしょうか。「イケメンでブランド物を身に着けている男性」が、化粧もせず、おしゃれもしない女性を求めるとは思えません。

婚活で自分にあう相手を見つけるには、ある程度「釣り合いの取れた相手」を見つけようとすることも大切です。もし、条件のいい相手に出会いたいのであれば、その条件に当てはまる男性がどんな女性を好むのか考えてみましょう。

40代からの婚活では厳しい?変えるべき相手への条件


「結婚適齢期は何歳か」という調査では、男性30歳、女性27歳という結果が出ています。「何歳までに結婚したいか」という別の調査でも、30歳までに結婚したい男女がおよそ7割を占める結果になりました。

現在では、女性も男性も、40代で結婚することが珍しくなくなっています。しかし、世間では、まだまだ30歳前後で結婚するのがスタンダードです。

もし、あなたが40代で婚活を始めたのなら、相手に多くは求められません。厳しいようですが、どんなにルックスを磨いていても、一般的には20代や30代の女性のほうが選ばれやすいからです。

年収

役職につくことが多くなる40代。男性よりも稼いでいるという女性は珍しくありません。この状況下で年収が高い男性を希望してしまうと、該当する男性の数は大幅に減ることに……。その結果、婚活がうまくいかないことがあるのです。

40代の女性が婚活をする際は、年収にこだわらないことが大切です。もし、こだわるのなら、婚活は苦戦することを覚悟をしてください。もしかしたら、「自分が一家の大黒柱になってもいい」ぐらいのつもりで婚活に臨む必要があるかもしれません。

容姿・外見

「イケメンでおしゃれな人と結婚したい」そんな願望は、なかなか叶うものではありません。もし、容姿や外見に条件をかかげるなら、「清潔感のある男性」くらいにしておきましょう。

こだわりたくなる気持ちは分かりますが、婚活のなかでは、男性の外見だけではない魅力にも気付けるといいですね。例えば40代や50代の男性なら、若い人にはない落ち着いた雰囲気があります。20代や30代は、パワフルで元気な印象があるでしょう。どちらにしても、容姿や外見だけにとらわれないようにしてください。

離婚歴

40代で婚活をしている人のなかには、離婚歴のある人もいます。しかし、離婚歴だけでその男性を判断するのは時期尚早です。やむを得ず離婚した人もいるので、一概に決めつけないようにしましょう。

ただ、「自分の浮気が原因で離婚した」「ギャンブル依存症で離婚することになった」など、トラブルを抱えて離婚した人なら、避けたほうがいいかもしれません。婚活するうえでは、離婚の理由をそれとなく聞いてみることをおすすめします。妙に話を隠したりするようなら、その人との結婚は考えなおしましょう。

また、養育費を支払っている場合、結婚後の家計に響くかもしれません。どちらにしても、きちんと話してもらったほうが安心です。

介護や親との同居、子どもの有無について

ご両親は60代〜80代くらいの方が多いのではないでしょうか。今現在、すでに介護をしている人や、親と同居している人もいるかもしれませんね。

また、相手によっては離婚歴があり、子どもがいる場合もあるでしょう。

介護や子どもの有無については、きちんと婚活のなかで伝えるべきことです。介護となれば、結婚相手にも手伝ってもらうことがあるかもしれません。婚活相手に子どもがいれば、子どもの気持ちを配慮しながら結婚を考えていくことになります。

婚活においては、介護についても子どもの存在についても、早めに相手に伝えるべき事項です。40代で婚活を始めるなら、義理の両親と同居して介護できるかどうか、相手の子どもがいるなかでの再婚が可能かどうか、事前にイメージしておくことも役に立ちます。

いい人に出会うための3つの条件


さて、ここまで、婚活において重要な条件にたくさん触れてきました。ここからは、さらにいい人に出会うための3つの条件を挙げていきます。この条件を参考に、あなた自身のスタンスも見つめ直してみてください。

まずは自分を知ることから始めよう

婚活ですてきな異性と出会うためには、まずは自分を知ることが大切です。自分を知ることによって、どんな異性と相性がいいのか、少しずつ見えてきます。

相手に求める条件ばかりにこだわっていると、もし結婚できたとしても、自分との相性が合わずに「結婚生活がうまくいかない」ということにもなりかねません。大切なのは、自己理解を深め、自分に合う男性を嗅ぎ分けできることです。

適切な条件はいい人を連れてくる

地に足がついた現実的な条件をかかげると、その条件がすてきな人へと導いてくれます。ポイントは、自分と釣り合いの取れた条件を選ぶことです。

例えば、60歳の男性が、20代の女性に限って婚活したとします。そうすれば、確かに20代の女性に出会えるかもしれません。しかし、その後デートをしたり、付き合ったりするのは、なかなか簡単なことではないでしょう。一方で、同年代の50代〜60代女性を条件にした場合なら、デートもお付き合いもうまくいきそうですよね。

このように、適切な条件をかかげることで、より多くの人と出会える可能性が高まります。年の差を例に出しましたが、年収や学歴、職業などにおいても同じことがいえるでしょう。

条件はあくまで最低限に、そして、現実的に設定するのが婚活成功のカギです。

積極的に会って相性を確かめる

最近ではネット婚活やマッチングアプリによる婚活が定番化しています。しかし、メッセージだけのやりとりでは、なかなか相手を選ぶことはできません。そこでおすすめなのが、実際に相手に会ってみることです。

その人が持っている雰囲気やオーラのようなもの、声色やしぐさなどは、実際にデートをしてみなければ分かりません。そのため、積極的に顔を合わせて話す機会を設けましょう。相手からの誘いを待っているばかりでは、デートにこぎつけない場合もあります。ときには自分から誘う勇気も必要です。

もし、初めての相手と食事をするのが負担なら、お茶をするだけでもOK。実際に会って相性を確かめることは、すてきな異性と出会うためには必要不可欠なことですので、勇気を出して誘ってみてくださいね。

まとめ

婚活が成功するかどうかは相手に求める条件が大きく影響します。もし、あなたが非現実的すぎる条件をかかげているなら、その条件を見直し、現実的なものにしてください。こだわっている条件自体を、減らすことも効果的です。

どんな条件の女性が求められているか、把握することも役に立ちます。自分がどんな人間で、どんな男性といると幸せなのかといった自己理解も深めていきましょう。

実際に会って相性を確かめるためにも、何事も自分から行動することを身につけてください。そうすれば、たとえ少し遅めの婚活スタートでも、すてきな相手に巡り合うことができるはずです。