結婚適齢期に学ぶ男女にベストな婚活適齢期とは?

結婚適齢期に学ぶ男女にベストな婚活適齢期とは

年々、晩婚化が叫ばれている昨今、結婚適齢期は何歳くらいなんでしょうか。また、そこから考えて世の結婚したい男女にとってベストな婚活適齢期はいくつくらいなんでしょうか。
そこで今回は、結婚適齢期に婚期を逃さないために、ベストな婚活適齢期(婚活年齢)を考えてみましょう。

結婚適齢期とは?

まず結婚適齢期という言葉の定義について考えてみます。

結婚適齢期とは、男女が結婚するのに適切とされる年齢範囲のことを指します。

なお、結婚適齢期人口なるものがあるようで、Wikipediaによると、下記のように定義されています。

結婚適齢期にある独身の男女の数を「結婚適齢期人口」と呼ぶ。社会は多様であるが、そのそれぞれの文化によっておおよその結婚適齢期は決まっている。ただし、現代でも社会や文化によって多少結婚適齢期が異なるため、国家間の比較は難しい場合もある。
日本の結婚適齢期人口の算出においては、男女とも20歳〜34歳の年齢を用いる。

出典:Wikipedia
 
 
ただ、2017年現在、さすがに、20歳なんて若さで結婚しませんよねー。
もうちょっと、違う観点でも探っていきたいと思います。

男性は27歳〜35歳、女性は25歳〜30歳が結婚適齢期!?

リクルートさんが展開されているセキララ★ゼクシィというサイトによりますと、下記のような結果になっていました。
私は、「ん!?意外と若いんだな」と感じています。

女性が考える女性の結婚適齢期

1位:30歳
2位:28歳
3位:25歳

女性が考える男性の結婚適齢期

1位:30歳
2位:28歳
3位:27歳

男性が考える女性の結婚適齢期

1位:30歳
2位:28歳
3位:27歳

男性が考える男性の結婚適齢期

1位:30歳
2位:28歳
3位:35歳

モテ婚が考える男女の婚活適齢期

上記の内容を元に、男女別にモテ婚編集部が婚活適齢期を考えてみました。

男性は25歳〜35歳。遅くとも30代のうちに!

仕事もちょうど慣れてきたり、リーダーを任されたり、早い人だと役職も就き始める、最も忙しい時期かもしれません。
ただ、この時期・タイミングを逃すと、めっちゃ厳しくなると思います。
35歳までには婚活が終えられるのがベストではありますが、36歳・37歳・39歳という形で、婚活パーティーなどでも参加年齢の制限がかかってきます。
もっと言いますと、36歳以降は、アラフォー婚活の部類にも突入し、お相手の女性も40歳前後の方も視野に入れなければなりません。
年下を狙っていこうものなら、20代の若者と勝負していく事になります。
年収や学歴で勝負できても、若さは取り戻す事ができません。30代後半ともなれば自分磨きは相当してきていると思いますので、そこで勝負していきましょう。
勝負できないのであれば、アラフォー婚活も視野に入れ始めていきましょう。

女性は23歳〜30歳。遅くとも34歳までに!

女性は20代のうちに婚活を終えられるのがベストです。
30歳となると、言葉は悪いですが、三十路という大台にのります。また、女性は出産リミットもあります。
婚活パーティーの女性の参加年齢は、29歳で一回制限がかかり、そのあと、32歳・33歳・34歳と小刻みに企画によって絞られていきます。

やっぱり、婚活パーティーを見ていても、20代女性には男性からの人気やアプローチが集中します。
というのも、35歳以上の美人よりも、20代の普通の女子のほうが明らかに人気が高いからです。
よく聴こえてくるのが「昔はモテモテだったのに・・・」という30代女性のご意見です。

さらに、35歳以上の女性の結婚の確率は、統計的に1%未満と言われています。なんとしても30台前半までには、なんとしても34歳までには婚約を勝取れるようにしましょう。

結婚適齢期診断も活用しよう!

マイナビ学生の窓口というサイトに結婚適齢期診断なるコンテンツがあります。
ちなみに、私の診断結果は下記の通りでした。

マイナビ学生の窓口-結婚適齢期診断の結果

出典:マイナビ学生の窓口-結婚適齢期診断より

まとめ

今回は、結婚適齢期から男女にベストな婚活適齢期を考えてみました。
結婚適齢期を意識して、結婚するタイミングを逃さないように気をつけながら婚活してくださいね。

女性有名人に学ぶ女性が幸せになる結婚年齢と危険な結婚年齢2018

2017.03.23

ABOUTこの記事をかいた人

愛されモテ男

勢力的に婚活をしている男性。婚活女子との会話の中で、意外にも男性の婚活ブログなどを参考にしているのを知る。また多くの婚活男子を見ていて、婚活以前にやる事あるだろと率直に思っている。婚活アドバイザーでも残念ながら大したこと無い人も見かける。そのため、口コミ/体験談や婚活テクについてお役立ち記事を執筆している。