結婚相談所とは?メリット・デメリットと各社で違う成婚の定義

結婚相談所とは?メリット・デメリットと各社で違う成婚の定義のアイキャッチ画像

結婚しなければならないとは思いながらも、どうやって活動したら…、婚活したら…とお悩みの人も多いのではないでしょうか。
私も色々な婚活を試してきましたが、結婚相談所は一番効率が良い方法です。

では、結婚相談所とはどんな場所なのでしょうか。本記事では結婚相談所とはどんな場所かという事から、結婚相談所のメリット・デメリット、結婚相談所で言う成婚とはどこの地点を指すのか、結婚相談所連盟と仲人連盟という組織は何が違うのかという点についてまで解りやすく紹介します。

結婚相談所とは?

そもそも、結婚相談所とは、どのような場所なのでしょうか。

結婚相談所(けっこんそうだんじょ)は、結婚を希望する独身の男性・女性の会員に、結婚を前提とした出会いを提供し、出会いの際の日時調整から、お引合せ、交際から結婚に到るまでのフォローなども含めてサービスを提供する結婚情報サービスの業者、または公共サービスをさす。従業員1~2名の個人業者から、会員数数千名の会社まで、また市役所、村役場などの地方自治体にも大小の相談所が全国で数多く存在する。

入会資格は、独身で結婚を前提としたお付き合いを希望する人となっている。国際結婚希望者や、身体障害者で結婚を希望する人といったような、細分化されたサービスを提供する業者もある。

男性の場合は、安定した収入が求められ、年齢制限は緩いものの、定年退職者を除いて、定職についているということが入会条件になっている会社が多い。入会に当たっては、独身証明(戸籍抄本など)、卒業証明、在職証明などの本人確認の書類の提出を必要とする会社がほとんどである。

引用:Wikipedia(ウィキペディア)より

Wikipedia(ウィキペディア)によりますと、上記のような説明がなされています。
本当に、この言葉に集約されているのですが、より良い条件のお相手を求める独身男女が身分を明らかにして入会登録し、結婚相談所の仲人士の方のアドバイスを受けながら紹介してもらう場所なのですね。

結婚相談所のメリット

さて、それでは結婚相談所に入会するメリットはどこにあるのでしょうか。
一般的に言われている結婚相談所の会員になるメリットを下記に紹介させていただきます。

会員の本気度が高いため、成婚率が高い!

結婚相談所へ入会するためには、自分の本籍地の市区町村役場に独身証明書を取り寄せ、さらには源泉徴収や確定申告の年収を証明する書類を提出し、さらにはスタジオでプロフィール写真まで撮影して登録をする結婚相談所も少なくありません。
さらには、相応のまとまったお金も支払って入会します。

お手軽に登録できる婚活サイトや、申し込みをしてスグに参加できる婚活パーティーとは違います。
もちろん、婚活パーティーや婚活サイトだから本気度が低いと言っている訳ではありませんが、登録している会員はやはり気合いが違います。

そんな事もあって、成婚率が高く、結婚相談所各社も、成婚率の高さを、うたい文句に競っています。

会員さんも本気度が高いなかで婚活力を磨きますので、自然と自分自身も磨かれ、成婚できるのですね。

自分の希望条件のお相手を絞って会う事ができる!

婚活サイトでもプロフィールに希望条件は書きますし、婚活パーティーでも、高身長・高年収・女性は20代・男性は公務員という条件分けされた企画に参加しますので、お相手を絞って会う事はできます。
ただ、何万人もの会員データベースから「この人が良い」とピンポイントに指名して会う事ができるのは結婚相談所の魅力です。

婚活サイトやマッチングアプリでも何十万人の中から選ぶ事はできますが、間に仲介してくれる人が介在しているのといないのとでは、アプローチの角度も変わってきますよ。

専属のアドバイザーに婚活の悩みを相談できる!

これは最大の魅力です。
日々、色んな結婚希望者を見て目が肥えている婚活アドバイザーが自分の専属で付いてくれて、活動方法についてアドバイスしてくれたり、婚活特有の恋愛相談にものってくれます。
知り合いの婚活アドバイザーさんによると、最近の男性は、女性のエスコートの仕方が解らない人も増えているそうです。
また、中高年の男性は、仕事の地位が付いてきて傲慢になりがちな人もいらっしゃるようです。そんな時にもガツンと言ってくれる有難い存在と言えます。

女性についても、自分だけで婚活していて、友達に相談しても、
「○○なら大丈夫だよ〜。絶対に結婚できるよ〜。」
という薄っぺらい何の役にも立たないアドバイスを貰いながら婚活パーティーに参加しているのとは訳が違います。

具体的に、婚活で女性が魅力的に見られるよう、レッスンやセミナーなどでもサポートしてくれる結婚相談所もありますので、そのようなものも活用できます!

女性からも積極的にアプローチできる!

婚活パーティーは基本的には、男性が女性の席を順に周り会話し、フリートークタイムも男性が話したい女性の席に向かいます。
婚活サイトやマッチングアプリでも、男性が課金してメッセージを送るサービスが一般的です。
男性に比べると女性は待ちのスタンスと言えるでしょう。

一方で、結婚相談所は女性も男性と同額のお金をお支払いしているのが一般的ですので、女性からも積極的にアプローチしていけるのがメリットですね。

仕事中でも担当の仲人士さんがお相手を探してくれる!

専属の担当アドバイザーや仲人士さんが、あなたが仕事中の間にも、希望条件に見合う人がいないか探してくれます。
もちろん、自分で探す事もしなければいけませんが、第三者の力も借りて探して貰えますので、効率的ですね。

結婚相談所のデメリット

ここまでで結婚相談所のメリットを述べて来ましたが、結婚相談所のデメリットは無いのでしょうか…。
はい、もちろん、デメリットもあります。

毎月の紹介人数が決まっているため、出会える相手に限りがある!

結婚相談所には、毎月紹介できる人数が決まっていたりします。
勿論、会社やプランによって違いますので一概には何とも言えませんが、基本、一対一で対面してお会いしていきますので、厳選したお相手と会っていきましょう。

入会金・成婚料などの費用が高い(お金がかかる)!

こちらも、会社やプランによって変わりますが、入会金、月会費、成婚料などのお金がかかります。
婚活パーティーは参加する度にかかる1回の参加費だけですし、婚活サイトも月額料金だけの場合が多いので、結婚相談所を利用する事でかかるお金は大きいと言えます。
ただ、何度も何度も婚活パーティーに参加したり、いくつもの婚活サイトを使う事を考えれば、長い目で見て案外高くないとも思います。

また、結婚相談所によっては月会費が少し割高にはなりますが、成婚料0円にしていたりする会社もあります。
いくつかの結婚相談所の方と無料カウンセリングをして、自分が納得した結婚相談所に入会するようにしましょう。

日本結婚相談所連盟と日本仲人連盟の違い

日本結婚相談所連盟とは、株式会社IBJ(株式会社アイビージェー)が組織運営する全国の結婚相談所1702社が加盟する団体となります。
全国で加盟している相談所で入会すると、ここに会員として登録されます。会員数は約6万人いるそうです。
この6万人の会員の中から、お相手探しをしていく事になります。

一方、日本仲人連盟(NNR)は株式会社日本仲人連盟が組織運営し日本全国の結婚相談所のうち、約850社が加盟する団体になります。
こちらも、ここに加盟している相談所から入会すると、会員として登録されます。会員数は約15000名いるそうです。

両連盟とも会員数にも違いがありますが、日本結婚相談所連盟に登録している会員さんは20代・30代の若い人が多く、日本仲人連盟(NNR)は40代・50代の中高年が多いような気がします。

ちなみに、株式会社IBJが運営するIBJメンバーズや全国の個人経営でやっている結婚相談所の多くは、日本結婚相談所連盟もしくは日本仲人連盟の会員データベースから探していく事になりますが、ノッツェ、ツヴァイ、ゼクシィ縁結びカウンターなどの大手結婚相談所はここには加盟していなく独立採算でやられています。

各社で違う結婚相談所の成婚の定義

ここは各社で多少見解が違いますが、概ね、結婚を前提としたお付き合いがスタートする地点、つまり真剣交際を始めたら成婚となります。
当然の事ながら、役所に婚姻届を出す実際の成婚はおろか、婚約指輪をプレゼントされプロポーズされる前の状態となります。

この点についても、会社やプランによって違いますが、真剣交際を始めた時点で退会となります。
退会する時点で成婚料を払って、真剣交際も始めますので、結婚する前に別れるケースも少ないと思いますが、婚姻届を提出したら退会ではありません。
ただ、IBJメンバーズのように、プロポーズをした地点、つまり婚約を成婚としている結婚相談所もありますので、そのような場所を選ばれるのもおすすめです。

まとめ

結婚相談所とはどんな場所かという説明から、メリット・デメリット、成婚の定義までご理解いただけましたでしょうか。
結婚相談所、婚活パーティー、婚活サイトと色んな結婚へ向けた活動方法がありますが、結果、結婚相談所で良かったという人も多くいらっしゃいます。
ぜひ、いくつかの結婚相談所に行かれて婚活アドバイザーや仲人士の方に無料カウンセリングを受け、比べてみてください。

結婚相談所を徹底比較!2018年おすすめランキング

2018.06.25

ABOUTこの記事をかいた人

愛されモテ男

勢力的に婚活をしている男性。婚活女子との会話の中で、意外にも男性の婚活ブログなどを参考にしているのを知る。また多くの婚活男子を見ていて、婚活以前にやる事あるだろと率直に思っている。婚活アドバイザーでも残念ながら大したこと無い人も見かける。そのため、口コミ/体験談や婚活テクについてお役立ち記事を執筆している。