婚活でライバルに差をつけるプロフィールの書き方

婚活でライバルに差をつけるプロフィールの書き方

今回は、婚活でライバルに差をつけるプロフィールの書き方を紹介させていただきます。
これは男性にも女性にも、アプリとかサイト問わず使えますよ。

職業や趣味の欄はより具体的に!

よくプロフィールを見ていると、職業「会社員」を選択してそのまんま、趣味「旅行」としか書いてないものを見かけます。
私は見ていて、
「え、これって大多数の人そうだよね!?」
と思ってしまう訳です。
よっぽどのイケメンやカワイイ子であればそれだけでも、たくさんアプローチを貰えちゃうのが実際のところですが、そうで無いなら具体的に書きましょう!
例文をあげますと、
「職業は飲料メーカーで営業のお仕事をしています(一押しは〇〇ドリンクです!)」
とか。趣味であれば、
「温泉でのんびりするのが好きです(最近のオススメは〇〇温泉の△△湯です!)」
とか。
この方が話も弾みますし、ピンポイントに趣味が合うのであれば共感もされ易いですよね。

オタク全面アピールはNG!だけど少しはアピールしよう!

オタク同士の婚活の場であっても、極度のオタはあまりいないものです(そういう方と出会いたいのであれば、オタ婚では無く、コミケやmixiの特定コミュニティでのオフ会をオススメします)。
そのため、オタク全面アピールはキモがられるのでやめましょう!
女性の方は、無難に男性が好きそうなアニメ・漫画や少年誌で連載されていて女性ファンも多い漫画をアピールすると盛り上がれるケースが多いと思います。
最近の漫画やアニメですと「進撃の巨人」「ハイキュー」あたりは良いですね!
世代を問わず盛り上がれるところですと、「スラムダンク」「名探偵コナン」あたりは良いのではないでしょうか。
男性の方も、「セーラームーン」「プリキュア」が好きだったとしても逆に女性から引かれる懸念がありますので、「ハイキュー」「スラムダンク」位にして、相手の反応見ながら駆け引きしましょう(笑)。

ネガティブ要素は絶対のせるな!

皆さん、下記のようなことのせてませんか?

  • 休日はいつも家でゴロゴロしてます。
  • 運が悪いのか出会いが無いんです。
  • 職場で良い男性が(女性が)いないので…

たとえ事実だとしても、積極的な印象や明るい印象を与えませんよね。
また、プラス思考では無い方と「付き合いたい」「結婚したい」と思うもの好きな方も世の中そうそう多くはありません。
そのため、「自分は前向きでプラス思考である。私と付き合うと楽しいですよ。」という姿を想像できるようにアピールしていくようにしましょう!

まとめ

今回は、「婚活でライバルに差をつけるプロフィールの書き方」を紹介させていただきました。
ぜひプロフィールを工夫して、楽しく婚活をしていきましょう!

恋愛・結婚 ブログランキングへ

ABOUTこの記事をかいた人

愛されモテ男

勢力的に婚活をしている男性。婚活女子との会話の中で、意外にも男性の婚活ブログなどを参考にしているのを知る。また多くの婚活男子を見ていて、婚活以前にやる事あるだろと率直に思っている。婚活アドバイザーでも残念ながら大したこと無い人も見かける。そのため、口コミ/体験談や婚活テクについてお役立ち記事を執筆している。