モテる女の条件&特徴から学べ!モテ女になるためのポイントと要素

私たちの周りに、やたらモテる女っていますよね。モテる人の定義は、男性が時間やお金を費やしたいと思ってくれるような女性だと思うのですけれど、モテる人は男性からだけではなくて女性からも人気が高いことは多いと思います。どんな女性がモテているのか、そんな傾向や条件を知ることで、自分も努力と工夫次第ではモテる女へ近づくことができると思いませんか?

ブスも年齢も関係ない!モテる女の条件

モテている女性は、必ずしも超絶な美人というわけではありません。もちろん容姿がステキな美人はモテやすいですけれど、容姿とはあまり関係ない部分がモテのキーワードになっていることは多いですよね。

年齢とか容姿に関係なく、自分の努力次第でモテ要素を増やすことができれば、自分もモテる女の仲間入りができるはずです!
ここでは、実際にモテている女性に共通する特徴を検証してみました。
 

髪の毛先まで気を配り、清潔感がある

男性にモテるためには、やっぱり清潔感は大切です。毎日お風呂に入っていれば清潔というわけではなく、パッと見た目の清潔感と言えば、やはり髪のお手入れではないでしょうか。

髪がツヤツヤな女性は、私の周囲を見ていても、男性にかなりモテています。ショートヘアでもロングヘアでも、髪の毛先まで気を配る事なら、私たちでも今日から始められますよね。お風呂に入ったら、リラックスするだけではなくて髪にトリートメントをするなどして、お手入れに力を入れるのもいいと思います。
 

何でも話せる絶妙な距離感

モテている女性の多くは、気取ったりお高くとまるということは少なくて、何でも話せる距離感を持っていますよね。この距離感は男女間の恋愛でもとても大切で、男性に「近づきにくい」と思わせてしまうのはNGなのです。

最初から恋愛対象としてみてもらえるかどうかということは別として、友達として何でも話せてしまいそうなカジュアルな雰囲気を持っていたり、近づきやすい距離感を持っている人は、そうでない人と比べると圧倒的にモテ度は違うと思いますよね。
 

ほどよい隙がある

周囲からカッコいいと思われている女性の多くは、隙がないですよね。だからこそ、完璧ですてき!と思われるのではないでしょうか。でも男性との恋愛においては、隙が全くない女性は、残念ながらモテません。ほどよい隙があったほうが、男性にとっては近づきやすい距離感を感じてもらうことができますし、話しやすいオーラにもつながるのだと思います。

「そんなこと言われても、完璧なワタクシに隙なんてありません」という女性は、恋愛を成就させて幸せな結婚相手を見つける作戦の一つとして、意図して隙のある自分を演出するという方法も賢いと思いますね。
 

ポジティブ思考で感情的にならない

女性は男性よりも感情的になりやすいと言われていますけれど、あまり感情的になってしまう女性は、残念ながらモテませんね。かといって、冷酷なロボットのようにふるまう必要もないわけですけれど、大切なことは喜怒哀楽のうち、ネガティブな思考である怒と哀の部分は、あまり大げさに表現しないように気を付けることが大切だと思います。

男性はポジティブ思考の女性が大好きなので、何事にも前向きで積極的、楽しいことや幸せなことを考える習慣をつけたいですね。具体的には「できない」「いやだ」「無理」などのネガティブワードを使わないように心掛ける、というのがおすすめです。
 

表情豊かだが大声では笑わない品がある

表情が豊かな女性はモテやすいです。でも、表情が豊かと言ってもそれは、笑顔などポジティブ系の表情のことで、怒っている般若のような恐ろしい表情が豊かでも、それは男性には高評価されません。

周囲と会話をする際には、できるだけ表情を豊かにすることで、男性からのモテ度をアップすることは可能ですけれど、笑う時にはあまり大声で笑ったり、口の中を全部見せてしまうほど大きく口をあけて笑うのは控えたいですね。大声で笑う女性は、男性にとってはうるさくて品がない女と思われてしまう可能性があるからです。
 

早寝早起きで自己管理ができる

自己管理ができる女性は、男性から高評価です。具体的にどんな部分を男性は見ているかというと、基本的に早寝早起きをしている人とか、待ち合わせとか会社に遅刻しないなど、時間的な管理がきちんとできる人だと、男性からモテやすくなります。

お休みの日は少しだけ寝坊したいという場合でも、普段より1時間だけ遅く起きるぐらいに抑えておいた方がいいでしょう。

また自己管理という点では、経済観念をしっかり持つこともまた、モテる女になるための大切なポイントですね。持っているお給料を全てブランド品につぎ込むというのは、経済観念という点では男性からはNGとなってしまいます。

借金をしてブランドを購入するというのもアウトですよね。モテるポイントとしては、お給料のなかで上手にバランスの取れたやりくりをしながら、お給料に見合った生活をする事が、男性からは好感度アップのカギとなります。
 

モテる女性だけが持つ特徴とは?


自分の周囲にモテる女がいたら、ぜひ彼女の特徴をあらゆる部分から観察してみてください。どんなスタイルならモテるのか、どんなメイクをすればいいのか、ファッションや肌の露出はどうするのがモテ女への近道なのか、ということが、傾向と対策として見えてくると思います。
 

見た目の特徴

モテる女は、見た目にいくつかの共通点があります。顔の作りや造形ということではなく、メイクの仕方とか全体的なファッションの傾向など、ブスとか美人に関係なく誰でも今日からすぐに変えられる特徴がたくさんありますよね。
 

顔、肌、化粧

モテている人は、メイクはナチュラルメイクが多いです。ナチュラルメイクとは、ナチュラルに見せるメイクのことで、手抜きをしているメイクというわけではありません。スキンケアやメイクでは、肌の透明感が出るように心掛け、毎日のお手入れをする人が多いですし、メイクの色なども、あまり派手すぎる色を使うのではなく、ナチュラル系の色でまとめている人が多いですよね。

近年では、つけまつげを使った目力アップ系のメイクが大流行していて、女性のなかでは大人気ですよね。でも男性にとっては、人工的すぎるメイクはNGという人は多いですし、メイクをとった後のスッピンを見るのが恐怖という人もいるほどです。ナチュラルなら、男性にそう言う恐怖心を抱かせないという点でも、モテ女に近づけるのかもしれません。
 

体形、姿勢

男性にモテる体形は、やはりボン・キュッ・ボンの体形です。芸能人で言うなら、深田恭子さんとか綾瀬はるかさんあたりでしょうか。ダイエットをしてスーパーモデルのようにホッソリした体形では、男性にとっては女性的な魅力はあまり感じないのだそうです。

モテる女になるためには、細すぎる必要はないので、少しぽっちゃり目で女性らしい柔らかいボディラインを演出しながら、ウエストがキュッと引き締まったメリハリボディを目指すのがいいと思います。

姿勢が良いことも、モテるためには大切なポイントです。猫背だと、なんとなくだらしなく見えてしまいますし、自分に自信がなさそうに映るものです。歩くときも座る時にも、背筋はピンと伸ばしていることが、男性には「きちんとした女性だな」という印象を与えてくれます。

姿勢をよくすることは一朝一夕に変えることは難しいので、今すぐに姿勢を意識した毎日を送ることを心掛けてみてください。そうすれば、男性の前で姿勢を意識しなくても、自然にスッと背筋が伸びた美しい姿勢でいられるはずですよね。
 

ファッション、肌の露出度

男性にモテるためのファッションは、ずばり、女性にしか着ることができないファッションです。そう、スカートですよね。パンツやジーンズは、履いていると快適ですし、女性らしいデザインや色合いのアイテムもたくさんありますけれど、男性にとってはやはりパンツルックよりはスカートを履いてほしいのかもしれません。

具体的にどんなスカートが人気かというと、体のラインが全く見えないロングのフレアータイプよりは、ボディラインが見えるタイトスカートぐらいがモテるようです。

肌の露出度も、大切なポイントです。あまり露出が多すぎるファッションでは、男性からは「軽い女」に見られてしまい、恋愛対象にはなっても結婚対象にはしてもらうことはできません。

しかし、あまりにも露出がないファッションでは、男性には女性としての魅力をアピールできませんよね。軽く見られることなく男性へしっかりアピールできる露出度と言えば、スカートなら少し膝上ぐらいの丈がおすすめです。トップスでは、ノースリーブがいいですね。

胸元は、あからさまに谷間が見えるようなデザインはできるだけ避け、かがまなければ見えない、ぐらいの露出に抑えるのが正解だと思います。

肌の露出と関係することなのですが、ムダ毛の処理は忘れずにしっかり行うことも重要です。どんなにすてきな体形でオシャレなファッションに身を包んでいても、すね毛や腕毛がフサフサ生えていたのでは、百年の恋も興ざめしてしまいます。

どんなファッションを身にまとってもムダ毛の心配をする必要がないように、普段からムダ毛のお手入れはしておきたいですよね。
 

性格の特徴

モテる女は、基本的に性格は良い人が多いですよね。性格がいい人は、男性からモテるだけでなく、女性からも人気があると言ったとことではないでしょうか。異性には持てるけれど同性からは嫌われてしまう女性の中には、男性の前ではあざといほどに“ぶりっ子”だけれど、女性の前ではオヤジギャルという人がいます。

真のモテ女になるためには、男性からも女性からも好かれるような性格美人を目指すのがいいと思います。そのためには、誰の前でも表裏がない性格でいることが大切ですね。
 

穏やかで明るい、いつも笑顔

穏やかで明るい性格の女性は、同性から好評というだけでなく、男性からのモテる傾向にあります。そういう人は、いつも笑顔が絶えませんし、感情をむき出しにすることがなく、穏やかですよね。

喜怒哀楽の感情のうち、ポジティブな喜と楽の部分は、思い切り表現しながらも、ネガティブな部分はできるだけ人に見せないような工夫をすると、性格を穏やかにすることができると思います。

笑顔を絶やさないこともまた、モテるための必須条件ですし、モテる人は笑顔でいる割合が多いですよね。普段から表情が豊かな人は、無理に笑顔を作らなくても自然に笑顔になれますけれど、普段あまり笑うことが少ない人だと、笑顔を作ると顔筋が疲れてしまうかもしれません。

笑顔を作る際には、できるだけ自然な笑顔であることが大切ですし、顔筋が疲れてしまうと笑顔が不自然になってしまいます。そうならないためには、普段から笑顔を作る心掛けをするといいでしょう。鏡の前で、笑顔の練習をして、他人には自分の笑顔がどんな風に映っているのかをチェックするのもおすすめです。
 

ポジティブ

ポジティブな性格な、男性にモテるためだけでなく、人間としての器量を高めてくれることにもつながります。同じ失敗経験をしても、ポジティブな人なら「今回は難しかったけれど、次回はXXをXXのように工夫すれば成功できるかもしれない」と前向きにとらえることができます。

しかし、ネガティブな人は、「無理。あの人は私のことを嫌いなのだそう。もう嫌だ。」と否定的に考えがちです。男性にとっては、暗い雨雲がいつも立ち込めている女性と一緒にいるよりは、楽しく前向きでポジティブな人と一緒にいたいと思うのは、当然のことではないでしょうか。

ついついネガティブ思考になってしまう女性は、意識して言葉を選ぶことで、少しずつポジティブ思考に改善することができます。できないとか嫌だという否定的な言葉はできるだけ使わないように心掛け、できる事とかプラスの事を見つけるように努力してみて下さい。

そうすることによって、自分の考え方が少しずつ変わりますし、周りにもポジティブなオーラを出すことができるので、他人からの好感度やモテ度やアップすると思います。
 

気配り上手だけど、甘え上手

気配り上手という特徴は、男性にモテるための必須条件と言っても過言ではありません。他人に対する気配りができるということは、男性にとってはその女性が家庭的であると考えるからですね。

実際にその女性が家事をてきぱきこなせるかどうかという点は別として、家庭的な雰囲気を持つ女性に男性は惹かれるので、あざとくないレベルで気配り上手になることは、モテる女になるための条件だと思います。

甘え上手という点もまた、モテるために必要なスキルです。どこをどういう風に甘えたらいいのか分からないという女性は多いと思いますけれど、何でもかんでも男性に依存するのはNGで、自立と甘えのバランスが取れていることが大切です。

イメージとしては、普段は頑張り屋さんだけれど、一人で抱えこめない時にはツライと言葉にして男性を頼る、というのが男性のハートをギュッとわしづかみにするポイントなのだそうです。
 

簡単に一線を越えない

簡単に一線を越えてしまう女性は、男性にとっては真剣な交際の対象にはなりません。だって男性の頭のなかでは、自分以外の男性とも簡単に一線を越えてしまうのではないか、と考えてしまうからなのです。

結婚するまで一線を越えてはいけないということではなく、友達の段階では一線は越えないこと、そして二人でデートをした時でも3回目のデートぐらいまでは一線を越えないように心掛ければOKです。
 

会話の特徴

モテる人は、会話の際にも他人を気持ちよくさせる心得を知っていることが多いですよね。会話は話術なので、誰でも今すぐに努力と心掛け次第で、モテ女に近づく話術を身に着けることができると思います。具体的に、どんなポイントに注意すればよいのでしょうか。
 

ものごとによく感動する

モテる人は、驚きや感動を素直に表現することができます。かわいいペットを見たら、その気持ちを素直に「かわいい!」と表現できることや、驚いた時には「すごい!」と驚きを表現することは、男性にとっては好意的に映りますよね。

ネガティブ思考の人なら「別にこのぐらいはすごくない」なんてはすに構えてしまうことでも、素直に喜びや感動を表現する人は、男性にはモテやすいでしょう。
 

ありがとうなど、感謝やお礼の言葉をよく言う

あいさつやお礼などは、モテる女の必須条件と言っても過言ではありません。そのなかでも特に、ありがとうという感謝の気持ちを言葉で伝えることは、とても大切なポイントです。

例えば、他人に何かをしてもらった時に、本来なら「ありがとう」という所を、「すみません」という人は多いのですよね。しかし、ありがとうというべきシチュエーションでは、きちんと感謝の言葉を伝えることで、相手をフンワリ気持ちよくすることができます。

そして、そうしたありがとうの習慣が、自分を持てる女へと近づけてくれるのだと思います。
 

まれに軽いボディタッチがある

軽いボディタッチが自然にできる女性は、私の個人的な意見ですけれど、かなりモテ度が高い女性だと思います。ボディタッチは、タイミングが大切ですし、どこをタッチするかという点も、慣れていない人にとっては難しい課題ですよね。

しかも、相手に触れるということは、わざとらしいと、セクハラだなんて言われかねない行動ですし、あまりボディタッチが多すぎると、なれなれしいと思われたり、軽い女だなんて思われてしまう可能性もあります。

モテるためのボディタッチは、あまり頻繁にしないように心掛けることが大切ですが、自然にできるタイミングを見つけたら、軽くボディタッチをするといいでしょう。タッチする部分はいろいろありますけれど、無難なところでいえば、相手の上腕ではないでしょうか。
 

モテる女の「さしすせそ」を自然に使う

コミュニケーション力をアップするコツの一つに、「さしすせそ」を上手く使いこなすという方法があります。さしすせそというのは、

  • さ「さすが!」
  • し「知らなかった!」
  • す「すごい!」
  • せ「センス良い!」
  • そ「そうなんだ!」

のことで、会話の中にこの言葉を相づちのように入れることによって、相手を気持ちよくして会話を盛り上げられるというものです。誰とどんな会話をしていても、このさしすせそを盛り込む部分はたくさんありますから、ぜひ今日から積極的にさしすせそを活用した会話術を心掛けてみてくださいね。
 

ライフスタイルの特徴

モテている女性は、ライフスタイルにもいくつかの共通点があります。基本的には、同性から見て「頑張ってるね」「しっかり者だね」と思えるようなライフスタイルを習慣としていることが多いですよね。自分のライフスタイルを見直すことで、見習える部分は見習いたいものです。
 

適度な運動をするなど健康管理をしている

健康管理をしっかりすることは、モテるための鉄則です。例えば食事などは、外食とかコンビニのお弁当で済ませてばかりではなく、できる時にはきちんと自炊をしたり、栄養などを考えた食生活を心掛けることで、男性にモテるだけではなく、スタイル維持や体重管理にもつながりますよね。

それに、適度な運動を日常生活の中に取り入れることも、モテるためのポイントだと思います。スポーツジムに通わなくても、駅から自宅までは徒歩で歩くというだけでも、適度な運動になりますよね。モテる人は、無理をせずに日常生活の中にうまく運動を取り入れています。
 

料理上手

料理上手な女性は、男性にモテます。だって男性は家庭的な女性が大好きですし、料理上手な人なら、結婚後には毎日帰宅することが楽しくなりますよね。どの分野の料理が上手が高ポイントかという点ですが、イタリアンとかフレンチのように凝ったものでなくても、家庭的な料理が得意なら好感度アップのようです。

お料理なら私たちが普段から取り組めることですから、今日から少しずつレパートリーを増やしていくのがいいと思います。
 

早起きでダラダラ寝て過ごすことがない

お休みの日は疲れがたまっているから、とりあえず午前中はダラダラしたいという女性は少なくありません。

しかし、それが習慣になってしまうのは、モテない女に成り下がってしまうリスクが高いので気を付けたいものです。モテている人は全般的に、お休みの日でも朝は早起きで、ダラダラと寝て過ごすことは少ないですよね。早寝早起きができる人は、男性からすると自己管理ができている人だと評価されるので、モテます。
 

フットワークが軽い

フットワークが軽いことは、男性からは高ポイントです。友達に誘われた時に、疲れているからとか、面倒だなと感じてしまうことは、誰にでもあるかもしれません。

しかし、参加すればその人との距離がグンと縮まることは言うまでもありませんし、新しい発見や楽しい時間を過ごせるのもまた事実。フットワークが軽い女性は、いろいろな人とたくさんの経験ができますし、人付き合いが良いという印象を与えることができるため、モテるわけですね。
 

LINEの特徴

モテる人は、LINEのやり取りだけでもモテオーラを出すことができます。意図的にモテようと思ってLINEをするわけではなく、普段の性格や相手への思いやり、そして、ポジティブな考え方などが、LINEの言葉として相手に伝わるのです。具体的に、どんな部分がモテの要素になるのか、気になりますよね。
 

基本敬語、たまにタメ語

モテる人は、誰に対してもでもLINEは基本的に敬語です。敬語と言っても、硬くなりすぎないレベルの敬語で、たまにタメ語が入る、というぐらいです。最初から誰に対してでもタメ語では、なれなれしすぎると不快に感じる人がいますし、親しき中にも礼儀ありということで、基本的には敬語の方が安心です。
 

相手と同じ絵文字やスタンプを使う

モテる人は、相手に合わせるすべを知っています。そのため、相手から絵文字やスタンプのLINEが送られてきたら、こちらも同じレベルの遊び心を持ってスタンプや絵文字で返すことができるのです。LINEを送った側にとっては、あちらからもスタンプや絵文字が送られてくればうれしいものですし、なんとなく距離が縮まったような気がしますよね。それが、LINEを使ったモテ女のコミュ力の高さなのかもしれませんね。
 

気配り&お礼は欠かさない

相手への気配りやお礼は、モテるためには必要不可欠な要素です。それはLINEでも同じで、相手に何かをしてもらった時には、必ず時間を置かずにお礼をする事が必要ですし、相手への負担を考えた気配りなども大切です。

そうした気持ちは、相手には必ず伝わりますし、気配りをされたりお礼を言われて悪い気持ちになる人はいないわけですよね。それに、そうしたことは誰でも今すぐに始められる心掛けなので、今日からのLINEは、気配りとお礼を意識してみてはいかがでしょうか。
 

モテる女になるためのポイント


自分でも嫌になるほどモテない、と嘆く女性はたくさんいますよね。いろいろ努力をして女子力をアップしているのに男性は自分の良さに気付いてくれない、と悩んでいても、何も解決はしません。モテるためには、しっかりとポイントを抑えることが重要です。具体的にどこをどんなふうにすればモテるのか、まとめてみました。
 

自分に足りない「モテる女の要素」を把握する

モテるためには、まず最初に客観的に自分という女性を理解することから始めましょう。そして、モテるためにどんな要素が欠けているのかを把握できれば、その部分を集中的に改善できますよね。自分という女性をより客観的に観察する際には、自分自身を異性の立場に置き換えてみると、より分かりやすいかもしれません。
 

モテる女の要素を1つでも多くまねる

生まれた時からモテの要素をふんだんにかね備えた天性の女性は存在するでしょう。でも、女性なら誰でもモテる要素を最初から持っているかと言えば、決してそのようなわけではありません。男性からは女性として評価されない要素が多い人もいますし、性格的に自覚しないままモテない女になっていたということもあると思います。

でも、そんな女性でも、モテるためには、やはり努力をしなければいけないわけですよね。どんな女性がモテるのかをよく理解した上で、モテの要素を1つでも多く自分の中に取り入れてみてください。明日から、男性からの視線がガラリと変わるかもしれませんよ。

モテるしぐさなどは、男性が目の前にいる時だけに有効というわけではなく、女性同士のシチュエーションでも活用することは可能です。モテる人の多くは、言動やしぐさに表裏がないため、異性からも人気が高いのです。

そのため、モテるしぐさを取り入れたい時には、ぜひ普段の生活のなかでどんどん積極的に取り入れて、自分のものとしてマスターすることをおすすめします。最初は見よう見まねでも、慣れてくれば自分らしいしぐさの一つになってくれるはずです。
 

出会いを増やし、異性に慣れる

自然にモテのしぐさができるようになるためには、やはり場数を踏むことが必要です。つまり、経験が必要というわけです。異性を目の前にすると緊張してしまうという人は、異性との出会いを増やしたり、異性とコミュニケーションをとる機会を増やすなどして、異性に慣れるための工夫が必要かもしれませんね。お友達に合コンに誘われたら積極的に参加するとか、イベントやサークルなどにも、できるだけ積極的に参加することで、そうした機会を増やすことができます。

普段の生活のなかで、異性との会話やコミュニケーションを怖がらないこともまた、異性に慣れるという点では大切なポイントだと思います。会話をする異性の中には、相手を男性だと意識することなく話ができる人もいるでしょう。異性に慣れれば、どんなシチュエーションで男性とおしゃべりをする場合でも、相手を異性だと意識することなく、自然体の自分を演出できるすべを身に着けることができます。

このすべはスキルですから、頭のなかでいくらシミュレーションしても、身に着けることはできません。やはり、練習と経験を積むのが最短です。
 

相手に興味・関心を示す

男性は、自分に興味を持ってくれている女性に対しては、もっとおしゃべりをしたいなと思いますけれど、自分にあまり興味がなさそうなそぶりをする女性に対しては、これ以上話しても時間の無駄かな、と思ってしまうものです。男性にそう思わせないためには、会話のなかでは相手に100%意識を集中することを心掛けましょう。そして、男性のおしゃべりに対して「さしすせそ」を活用したり、表情豊かに反応するなどして、相手に興味関心を持っているということを示すといいでしょう。

どんな異性のどんな話にも食いついていけるように、自分の視野や見聞を広げることも大切です。どんなにその男性に興味や関心があっても、彼が話す会話の内容がチンプンカンプンでは、彼にとってはあなたは「ものを知らない女」だと思われてしまうかもしれません。男性との会話においては、女性は積極的に話すのではなくて聞き役に回ったほうが高感度はアップしますけれど、それでも男性から意見を聞かれた時には、しっかりと返したいですよね。

そのためには、普段から幅広い知識を身に着けることが必要です。新聞やテレビでニュースをチェックしたり、分からないことはネットで調べるなどして、男性の難しい会話にもついていける自分を作ることもまた、モテ女への一歩となります。
 

簡単に体を許さない

簡単に一線を越えないことは、モテるためには必須条件です。お付き合いしている彼氏とでも、3回目のデートぐらいまでは一線は越えない方がいいでしょう。意気投合してその場の雰囲気や流れでそうなってしまうことはあるかもしれませんけれど、あまり簡単に一線を越えてしまうと、軽い女だと思われてしまいますし、真剣な恋愛とか結婚の対象から外れてしまうことになります。注意してくださいね。

もしも、アルコールが入ると歯止めが利かなくなってしまうなど、自分自身で自慢できない傾向を自覚している人は、そういうシチュエーションに自分を置かないための工夫と対策をするのがいいでしょう。

例えば、大人のデートでは二人の距離を簡単に縮められるので居酒屋など、一緒に飲みに行く機会が多いですよね。その場合でも、アルコールが入ると自分自身をコントロールできないのなら、そうなるほど飲まないように気を付ければよいのです。また、アルコールを飲む前に、オリーブオイルなどの油成分を体内に入れておくと、胃の内膜をオイル成分がコーティングしてくれるため、酔いが回りにくくなります。
 

まとめ

モテる女には、さまざまな特徴があります。その中には、自分自身で今日から取り入れられる要素もたくさんあります。自分という人間を客観的に把握して、持っていない要素は積極的に取り入れるような努力と工夫をすれば、誰でも今日からモテ女へと近づくことができると思います。